ディフェリンはしみ改善にも効果

ディフェリンを塗るとしみが薄くなるのでは?というお話を耳にすることがあります。

 

でも、ディフェリンはニキビの治療薬なのに、これは一体どういうことなのでしょうね。

 

これはディフェリンの有効成分であるアダパレンには、ビタミンA誘導体であるレチノイドと同様の作用が見られるからです。

 

このレチノイドがお肌のターンオーバーのリズムを正常化し、しみ部分のメラニン色素排出を促すことで改善させるとされています。

 

ニキビ治療薬として有名なディフェリンが、多くの女性の悩みであるしみにも効果的なんて、これが本当ならうれしいですよね。

 

でも、ディフェリンはお肌に塗った際に多少の刺激を感じるものです。

 

それはディフェリンの有効成分アダパレンが、皮膚のターンオーバーを促している証拠でもあり、多くは徐々に消えていくので心配は不要とされます。

 

それに、しみが顔中にできている場合はどは、大量に塗らなくてはならないですよね。

 

ニキビのときと同様、しみの場合もその部分周辺のみに塗るべきなのですが、お顔全体に広がったしみの部分周辺のみに丁寧に塗っていくのはかなり骨が折れることです。

 

このようなことを考えるとしみの改善のためにディフェリンを使用することは、あまり現実的ではないでしょう。

 

さらに一般的に紫外線による影響でできてしまったしみを消すこと自体は、病気の治療にはあたりません。

 

ディフェリンはあくまでも、ニキビを治療するための薬として認証されています。

 

このことから、もしもしみの改善に対して処方を受けられたとしても、健康保険の適用外となってしまうのです。

 

また、日本国内での入手方法は、皮膚科での処方が大前提となることも覚えておきましょうね。

 

ディフェリンは他のしみ対策化粧品のように、市販されていないからです。

 

ただ、しみであっても健康保険が適用される病気扱いのものもあります。

 

例えば最近話題になっている肝斑(かんぱん)である場合は、ディフェリンではなくトランシーノという薬なら保険適用となります。

 

自分のしみがどんな原因でできているのか、正確に把握できている人は少ないことでしょう。

 

しみであっても皮膚科を受診することは、病気が原因で現れているものなのか、それとも単に紫外線の影響などで現れているものなのかを知るチャンスです。

 

一度ご自身のしみがどんなタイプのものなのか、この際きっちり調べてみるのも良いですよ。

 

アダパレンジェル(ディフェリン)通販