ディフェリンを背中のニキビに塗りたいのなら

ニキビは何も顔だけにできるものではありません。

 

例えば、後頭部と首の境にできることもありますし、胸元にも見られる場合もあります。

 

基本的に皮脂線が活発に働いている部位は、ニキビが発生しやすいのです。

 

では、顔以外に最もニキビに悩まされている人が多いのはどこかというと、圧倒的に背中でしょうね。

 

背中は目に見えない部位であり、また手も届きにくかったりします。

 

毎日のお風呂タイムでも、なんとなくタオルでこすり洗いをしてはいるけど、しっかり洗えたかまでチェックする人は少ないでしょう。

 

体の中で大きな表面積を取っているのにもかかわらず、お手入れをしっかりしている人はまだまだ少数派だったりします。

 

しかも背中は皮脂線が活発に働いている部分です。

 

皮脂線が活発なのに、汚れはしっかり落としていない場合が多いとなると・・・これは背中にニキビができて当然ですよね?

 

では、この背中のニキビにもディフェリンを使用できるのでしょうか?

 

背中のニキビは厄介なので、もしもディフェリンで治療できるのなら、是非とも試してみたいですよね。

 

しかし現在、ディフェリンは顔のニキビ治療にのみに保険診療扱いとなっています。

 

つまり、顔以外の部位である背中のニキビ治療にディフェリンを処方する場合は、保険診療扱いされないのです。

 

そのため、保険診療扱いされなくてもいいから、背中のニキビに塗りたいという希望があるのなら皮膚科に相談してみましょう。

 

でも、全ての皮膚科で保険診療扱い外でのディフェリン処方を行っているかについては不明ですので、まずは事前に問い合わせて調べておきましょうね。

 

いずれにしても実際に背中のニキビに塗る際には、自分一人ではなかなかやりづらいと思われます。

 

ご家族の方など、協力してもらえる人を確保するか、自分自身で狙った位置に塗るための工夫を考えておきましょう。

 

また、塗る前には背中を清潔にした状態が理想的ですが、あまりにゴシゴシとこすり洗いしてしまうと、お肌の表面に小さな擦り傷を作ってしまうことがあります。

 

こうなるとディフェリンを塗った際に非常にしみてしまいます。

 

こすりすぎないようにそっと汚れを落とし、十分にシャワーで流しておく感じが良いでしょう。

 

アダパレンジェル(ディフェリン)通販