ディフェリンの保湿ケアを使用前に行おう

ディフェリンを使用中は、特にお肌が乾燥しやすくなっています。

 

そのため、普段以上に保湿ケアに気をつけることが大切です。

 

特に普段から自分は乾燥肌だと自覚している人は、なおさら注意しましょう。

 

保湿ケアをオススメする理由は、単に乾燥したお肌をしっとりさせるだけでありません。

 

お肌が乾燥していると、従来持っている外界からの刺激から守ってくれるバリア機能が上手く働かないのです。

 

そのため、少しの刺激でトラブルを起こしやすい状態になってしまうんですね。

 

ただし、ディフェリン使用中は、保湿ケアはディフェリンを塗る前に済ませましょう。

 

今は様々な保湿用化粧品が出回っていますが、中でも特に低刺激タイプの物を選んで使ってください。

 

ノンコメドタイプ(ニキビの初期状態を作りにくいタイプ)の物であることも、大切な条件の一つです。

 

いつもは自分の好きな香りがついていたり、好きなブランドだからという理由で購入している人も、今回は機能性重視で選びましょうね。

 

香料や保存料などの添加物が多いものは、ディフェリン中の成分と相性が悪いこともあるからです。

 

また、保湿後にディフェリンを塗ると、テクスチュアが薄まってしまうことで、同時に効果も少なくなることも可能性として考えられます。

 

さらに、不必要な部分まで成分が付着する原因になるので、肌荒れも引き起こしやすくなってしまうんですね。

 

保湿ケアは大切なことですが、ディフェリンを使用する前に行うこと、このことをまず頭に入れておきましょう。

 

この際もこするように保湿剤を付けるのではなく、まずは手のひらで温めてそっとお肌を包み込むように押さえると良いでしょう。

 

こうすると肌がみずみずしく潤うのを感じることができますよ。

 

反対にこすってしまったり、マッサージするように塗り込むのはいけません。

 

その後のディフェリン使用時の違和感や、副作用の出現を助長してしまいます。

 

いくら保湿ケアでも、やり方によってはお肌への負担を増すだけになってしまうことも有りうるのですからね。

 

アダパレンジェル(ディフェリン)通販